お問い合わせ電話番号|矯正歯科大分,イトセ歯科
矯正治療を代表する治療方法の種類

矯正歯科大分,イトセ歯科がご紹介する矯正治療方法の種類

唇側の矯正治療法(ブラケット)

従来のものと比較して、かなり目立たなくなった装置に
なっているのがお分かりになるかと思います。
特に右の装置は、金属製のワイヤーと透明なブラケットの組み合わせたものです。
ポイント これが唇側矯正装置で、外見からハッキリと目立っているスタンダードな装置です。
ポイント ワイヤーを白いものにして透明のブラケットを組み合わせることで、 目立ちにくくなります。

唇側矯正治療について

歯の表面に使用するブラケットはTip-Edgeブラケットというものを使用します。Tip-Edgeブラケットはワイヤーとブラケット装置の摩擦抵抗が少なく弱い力で歯を移動することができます。その結果歯にやさしく治療のスピードが大幅に短くなりました。

唇矯正治療のお問い合わせフォームへ

舌側矯正治療法(見えない矯正装置)

歯の裏側に装置を取り付けるため正面からはまず見えません。従来の舌側矯正装置よりも小型で歯の移動の早く、痛みの少ない装置があり職業等で表に装置をつけられない患者さんにとって快適な治療法です。
症例によってこの方法が不向きなこともありますので歯科医師とよく相談して治療をはじめましょう。

舌側矯正のページにて詳しくご案内を致しております。

歯の裏側に実際に取り付けられている舌側矯正治療装置の画像です。
矯正治療ミニインプラント

インプラント矯正の利点

治療期間が短くなる。
矯正治療上、症状によっては取り外しの装置等を使って頂く事もありますが、こういった患者様のご協力が最小限ですみます

抜かない治療の幅が広がります

唇矯正治療のお問い合わせフォームへ

アライナー(見えない矯正装置)

透明なマウスピースのような装置を装着して治療を進める治療法です。自分で取り外しが可能な上とても快適ですし、世界中で既に35万人超える患者の治療に使用されています。 この治療法の詳細は、アライナーページにてご案内致しておりますので、ご覧下さい。
歯の裏側に実際に取り付けられている舌側矯正治療装置の画像です。
唇矯正治療のお問い合わせフォームへ

コルチコトミー(コルチコトミー矯正治療とは)

成人は子供に比べて歯を支える歯槽骨の表面にある皮質骨(骨の硬い部分)が非常に硬いために、歯の移動に時間を要します。コルチコトミーは手術にて皮質骨を一部削り歯の移動をスムーズにすることができます。

人間の歯の基盤となる硬い骨(皮質骨)の内側にある軟らかい骨(海綿骨)にヒビを入れることで歯が動きやすい条件を作ります。

あらかじめ歯に装着しておいた矯正装置の力と人の体に備わっている治癒力(自然治癒力)によって新しい歯並びが形成されます。

イトセ歯科でのコルチコトミー治療で、成人矯正期間を約1/2〜1/4に短縮することが可能です。

矯正治療の種類トップへ移動します